会社を知る

相模組を知る
Know the Company

地域の安心安全と満足のために、
建設サービス業として歩み続けます。

株式会社相模組 代表取締役社長蜜澤 茂志

1918年(大正7年)に創業してから、1世紀もの時を経てきた相模組。『真剣に考えよう』を社是とし、建築・土木事業を通して、地域の発展と住民の皆さまの安心安全に貢献してきました。100年という一つの大きな節目を超え、社会全体が動きつつある新しい時代を迎えて、これからも変わらず地域のために、誠実に使命を果たしていきます。

“地域一番店”として1世紀。それが信頼の証しであり、強みです

当社の3本柱、建築、土木、住宅の各事業において、国家資格も含め、業務に必要な資格が多数あります。現在いる約100人の従業員すべて、専門の知識・資格を持つプロとして働いています。“プロ集団・相模組”として、お客様に自信を持って提案できること、結果として品質の高いものを提供できることが、当社の強みです。また、建築も土木も担う総合建設業として、地元の大町においてナンバーワンの実績で100年続いていることこそ、お客様から信頼を得ている何よりの証しと考えます。
当社では、毎朝のラジオ体操が終わると、社是『真剣に考えよう』を全員で唱えます。この「真剣に考える」という言葉には、お客様のために、地域のために、というさまざまな意味を込めています。真面目に、地道に、一つ一つをコツコツと積み重ねた果てに到達した100年なのです。激動の1世紀を生き抜いてこられたのは、やはり地域の皆さまのおかげに尽きると言っていいでしょう。

スケールの大きな仕事の、計り知れない達成感を分かち合いましょう

最近、各地で災害が頻発しています。大町周辺でも例外ではありません。我々は受注産業ではありますが、与えられた条件の中でよりよい提案をし、過酷な自然環境に耐えるものをつくることは、当社が果たすべき社会的責任と考えます。
私は、「建設業はサービス業である」と常に考えています。公共工事の直接のお客様は発注元の国や自治体ですが、完成した建造物を使って役立ててくださる地域の皆さまが必ずいます。その皆さまに満足していただくことが最大の目標であり、そこに思いを巡らせて、ものをつくるべきなのです。
建設業が扱うものは、一つ一つが高額で、さらに完全オーダーメイドです。工期も月・年単位と長く、関わる人数も多くなります。大勢の人を指揮して目的を達成するのがゼネコンの役割です。これほど大規模で、唯一無二のものづくりによって体感できる喜びは、他業種ではなかなか得られないはずです。そこに魅力を感じる方と、ぜひ一緒に働きたいのです。かけがえのない喜びを共有しましょう。

会社概要

商号 株式会社 相模組 (英文名 SAGAMIGUMI Co., Ltd.)
創業 1918年(大正7年)8月1日
設立 1943年(昭和18年)2月9日
資本金 93,000,000円
本社 〒398-8686 長野県大町市大町3052
TEL. 0261-22-1800
従業員 90名(2019年6月1日現在)
事業内容
  • 国土交通大臣許可の特定建設業(土木工事、建築工事)
  • 宅地分譲・販売、住宅設計・施工、増改築、リニューアル、リフォーム
  • 不動産の売買
支店・営業所 中信支店(安曇野市)
長野営業所(長野市)
松本営業所(松本市)
白馬営業所(北安曇郡 白馬村)
松川営業所(北安曇郡 松川村)
池田営業所(北安曇郡 池田町)
喜多方営業所(喜多方市)

このページをシェア: