邸宅に求められる“卓越”と“洗練”という考え方

想いをカタチにしてきたこと

1918年に長野県大町で創業した相模組は、1世紀という長きに渡り「家づくり」「街づくり」「環境づくり」という建築事業・土木事業を通じて豊かな地域社会の実現に貢献してきました。その中で変わらぬ指針としてきたことは、取り巻く環境と共生できる快適な空間とお客様それぞれの感性が描き出す「理想のカタチ」を実現していくということです。そのために私たちは真摯にお客様の想いと向き合い、培ってきた“卓越”した技術を駆使し、機能性だけでなく仕上がりの美しさにもこだわりを持ち、“洗練”された品質を提供していくことで応え続けていきます。

相模組
相模組
相模組

静と動が奏であう
セカンドハウスの景色

安全で安心して使用できる機能とその品質を保ちながら、決してデザイン性を損なわず、カタチにしていくこと。それが相模組の建築の基本です。美しい山々に囲まれた静寂な林の中に佇む SS 様邸。 冬には、雪に深く覆われるこの地域ですが、その風景を美しいものとして感じていただけるよう、駐車場へのアプローチや雪解け水の浸入を防ぐ屋根の構造など「居住する方の快適さ」を担保する配慮を提案し、採用されています。個性的な設計でありながら、やすらぎのある美しいこの邸宅の随所に相模組の技術が活かされています。

相模組 冬季の外気温との差による結露が発生しないよう建物の細部に至るまで空気の流れを考慮した施工をおこなっています。また、間接照明が多用されている室内において、維持とアフターメンテナンスがしやすい形状にも工夫が施されています。 相模組
相模組
相模組

自然と共生し
住まう人を魅了する美しき佇まい

長野県の大北地域で創業して100年。地域における気候等の特色を熟知した相模組の強みのひとつが、豊富な経験から生み出される技術力。 スキー場に隣接するBQ様邸の施工でもその経験値が様々な場面で発揮されました。海外出身のコーディネーターとの打合せを密におこないながら、お客様が希望されるデザインにトップレベルの技術力を持つスタッフが日本伝統の技術で応えるという施工をしました。建物を印象づける外装をみても、一枚一枚濃淡が異なる木材を「眺める角度」により位置を検証・選定していくなど強いこだわりを実現した邸宅となっています。

相模組 デザイン性を重視しながらも高い施工技術と品質が求められたBQ様邸。各居住スペースごとに洗練されたデザインが施されているのが特徴です。
機能的にも、バルコニーの設置が多い邸宅のため、冬季積雪を計算した室内の浸水対策の提案など、地域ならではのノウハウでお客様が求める品質を実現していきました。
相模組

SAGAMIGUMI QUALITY

相模組は、高い技術と品質にこだわりをもち、活動しています。

01
施工

一般住宅からビルなどの大型建設物まで多種多様の物件を施工してきた経験をもとに建物の細部に至るまで厳しい品質管理をおこない、お客様に満足していただける品質の建物を提供します。

02
設備

厳冬期に対応した給排水のご提案、機能性だけでなく暮らしをより楽しくするデザインや、メンテナンスがしやすく誰にでも使いやすい仕様のご提案をします。

03
空調

長年、寒冷地である長野県大町で活動してきた実績と経験をもとに培ったノウハウで効率よい空調計画の立案や結露防止対策など、安心で快適な住空間をご提案します。

04
照明

室内環境の雰囲気をより際立たせ、心地よいデザイン照明をご提案。
また、アフターメンテナンスを考慮した配線および機器選定もおまかせください。

05
外構

各種公園の造成経験を活かした自然の雰囲気を壊さない、地域と調和のとれた植栽の選定や冬の凍結にも安心できる住居へのアプローチ方法をご提案します。

06
アフターメンテナンス

建物の完成後のお客様とのお付き合いを大切に考え、定期点検、台風、大雨、大雪、降雪時のケア訪問など、長くお付き合いできるお客様との良い関係の構築に努めます。