株式会社相模組 リフォーム事業

部分電化リフォーム

部分電化リフォーム
ホーム < 部分電化リフォーム
子供も独立。 これからは2人の 快適な家にしたいね。資源のこと、環境のこと、災害のこと、そして家族の安全のこと。家の成長していかないと。

10年前とは、暮らしをとりまくエネルギー環境や社会環境が大きく変化しています。
電力などのエネルギーをできるだけ効率よく使う工夫、
年寄り世帯の増加や社会環境の悪化に伴う防犯への備えなどのリフォームは、
暮らしの質や経済性・安全性を高めるためにとても重要です。

住み慣れた家を快適リフォーム

■太陽光発電

地球環境や化石燃料の枯渇問題など、自然エネルギーへの期待はますます高まっています。なかでも、まだ少々高価ですが、太陽光発電システムの普及は既存の家に後付けするケースも含めかなり進んできています。日照時間の多い夏場は逆に電力を売っているご家庭も多いと聞きます。将来性を考えるとエネルギー確保の問題とリフォームはますます重要な関係になってきます。

■IHクッキングヒーターで部分電化

オール電化=IHクッキングヒーターとまでいわれるほど、IHクッキングヒーターは普及しています。その理由は、火を使わない子どもやお年寄りへの安全性、ガスコンロからの切り替えが予想以上に簡単だということです。既存の大抵のコンロはIHに取り換えることができますし、工事も予想以上に簡単にすみます。

■エコキュート

最近テレビなどでもよく聞かれる言葉です。エコキュートは大気中にある熱を利用してお湯を沸かすという画期的なシステムで、従来の燃焼式の給湯機と比べると電気代が安いのが特長です。火を使わないから大気を汚すことがなく環境配慮設備です。IHとのコンビでオール電化を目指す方におすすめな給湯器です。

防犯

いまや大きな社会問題となっている侵入盗犯罪。そんな防犯のために大規模なリフォームが必要かというと、基本的にはそうでもありません。玄関ドアの施錠設備の見直しやセンサー照明の取り付け、防犯タイプのサッシ戸への変更など、小規模なリフォームで効果が期待できます。

防災

■火災報知器

平成21年6月から、既存の住宅でも寝室や階段室等の必要箇所に「火災報知器」の取付が義務化しました。価格・機能・デザイン等数多くのバリエーションのなかから取り付けイメージを考えたプランをご提案しています。

■耐震補強工事

相模組では、無料の簡易耐震診断を実施し、診断に基づいた耐震補強工事のプランをご提案いたします。補強工事内容の詳細は「住まいの体験館」で実際の模型を使って説明いたします。

どのくらい費用が必要なの?防犯について考える。

犯罪者が侵入をあきらめる条件ベスト8
1.近所の人にジロジロ見られた
2.ドアや窓に補助錠が付いていた
3.犬がいた
4.機械警備システムが付いていた
5.窓に格子が付いていた
6.防犯ビデオカメラが付いていた
7.警官に出会った
8.窓などに合わせガラスが入っていた

※社団法人日本防犯設備協会の調査データを元に制作

お問い合わせ住宅・店舗あらゆるリフォーム承ります。施工事例
相模組